子育て

赤ちゃんとのドライブここを工夫すれば大丈夫!心得をこっそり教えます。

こんにちは。まりぷうです。

ちょっと前になりますが3ヶ月の赤ちゃんを連れて車で埼玉県から熱海まで熱海旅行に行ってきました。

 

この記事では、赤ちゃんとドライブするにあたっての工夫や心得を

皆さんにお伝えしていきたいと思います。

きちんと前もって準備していけば、焦る事はなかったので

初めての赤ちゃんとの車移動で悩んでいる方のお力になれればなと思います。

子連れ旅行に持っていってよかったもの。いらないもの。

子連れ旅行に持っていってよかったもの。いらないもの。




 

赤ちゃんとのドライブにはチャイルドシートを用意しよう

 

まず、チャイルドシートを用意しよう!

日本では子供を抱っこしながら、車に乗ることは禁止されています。

チャイルドシートに乗せる事によって、交通事故にあった場合の

死亡率も変わりますので、必ずチャイルドシートに用意しましょう。

 

今はいるんなタイプのチャイルドシートがありますが、

私がチャイルドシートを使用して後悔した事があります。

それはフルリクライニングできるチャイルドシートにすればよかった

日よけがあるものにすればよかった事。

 

我が家は、フルリクライニングしないタイプのチャイルドシートを購入したので

首がすわっていない赤ちゃんには辛そうでした。

 

また、車の中に強い日差しが射し込んで、寝ている赤ちゃんが起きてしまう

こともありました。

なので日除けシートがあることで、さらに快適なドライブになります。

赤ちゃんとのドライブには、収納グッズを活用しよう!

 

私が購入したのは車の座席背面に装着できるポケットのある収納グッズです。

これがあることで、

車内でミルクを作る時にすぐに置ける

ティッシュがすぐに出せる

ゴミの仮置きにできる

おもちゃがすぐに取り出せる

いいこと尽くめです。

赤ちゃんに対してすぐに対応してあげられるので、

赤ちゃんがギャン泣きする前に対応してあげられることも増えました。

 

赤ちゃんとのドライブはキューブ型のミルクが便利!

 

赤ちゃんとのドライブ中に粉ミルクをブチまけてしまったことがあるんです。

こんなことで?!って思いますが、産後の精神不安定な状態だったので、

落ち込みました….。

 

そこから購入しているのが、キューブのミルクです。

これなら、キューブなのでやりやすいし、粉が飛ぶ散ることもない。

 

 

 

もうもう、とってもノンストレスなので、まだ使ったことないかたは

ぜひぜひ使ってみてほしいです!




 

赤ちゃんとのドライブはおもちゃにつけられるをつけるべし!

 

やっぱり車内でもおもちゃは必須!絶対持って行くべしです。

そんな時におもちゃを落とすと汚いですよね。

 

 

そんな時に購入したのがおもちゃに落下防止の紐です。

 

これがあれば、おもちゃの落下防止になるので便利便利!

 

赤ちゃんとのドライブにはDVDモニターが便利!

 

DVDプレイヤーを後部座席つけるとグズってしまった時に赤ちゃんの

気分転換になります。

 

 

 

 

 

最後に赤ちゃんとのドライブで伝えたいこと

 

赤ちゃんとのドライブでは、

必ず、授乳室へ行かないといけないという決まりはないという事です。

そりゃ授乳室に行った方が、オムツもゆっくり変えられるし、

授乳もできます。

しかし、車の中でも授乳ができますし、オムツも変えられます

ママとパパが授乳室を探して消耗しないために車の中でもお世話ができる

ということを知ってもらいたいと思います

 

授乳は車の中でも授乳ケープがあればできますし、

オムツ換えは座席を倒したり、座席でできます。

大きめの座布団が一枚あると赤ちゃんの負担になりません。

 

以上、赤ちゃんとのドライブについての工夫していることの紹介でした。

赤ちゃんとのドライブで悩んでいるかたの力になれますように。