お出かけ

さいたま新都心コクーン!ボーネルンド キドキドで遊んだよ!料金や混雑状況をチェック!

こんにちは。まりぷうです。

 

先日、さいたま新都心駅で親友のママ友親子と一緒に遊びました。今回遊びに行ったのは【あそびのせかい ボーネルンド キドキド さいたま新都心店】です。

とっても人気なボーネルンド キドキドですが、初めて行くにはどんな感じで遊べるのか

気になると思いますのでレポしていこうと思います。

 

結論から言いますと初めて赤ちゃんを遊び場に連れて行くには

最高だという結論になりました。




 

 

ボーネルンド キドキドとは?




 

ボーネルンドとは日本に21箇所ある、有料の室内遊び場です。子供だけで遊べる施設ではなく、必ず保護者も同伴しなくてはいけないルールとなってます。

 

何歳から何歳まで入場できる?

 

6ヶ月〜12歳の小学生まで入場することができます。でも店内に小学生ぐらいの大きい子はいない印象でした。

大きくても、保育園の年長さんまでが遊んでいる印象でした。

確かに小学生は公園で遊ぶもんね。

 

 

広さはどれぐらいか

 

結構広い場所でした。中に大きいトランポリンもあったぐらいなので!

公式HPを見ると約600mヘーホーメートルあるそうですよ。

そして中では、赤ちゃん専用コーナーもありますので、大きい子とぶつかってしまうこともなく安心です。

 

 

ボーネルンド キドキドの場所

 

ボーネルンドキドキドはさいたま新都心駅に直結しているコクーン2の3階にあります。

(ちなみにコクーンは1、2、3とあります!)

雨でも濡れずにたどり着くことができるので雨の日のお出かけにぴったり。

 

 

 

住所

 

〒330-0843 埼玉県さいたま市大宮区吉敷町4丁目263−1 コクーン2 3F

コクーンには1、2、3がありますが、1と2が似ているので気をつけてください。

 

ボーネルンド キドキドの営業時間

 

営業時間10:00〜19:00(18:30受付終了)

 

受付が18:30に終了ですが、閉店が19:00ですので30分間で子供が満足するはずがありません。

遅くても、18:00には受付した方がいいでしょう。

 

 

ボーネルンド キドキドの料金

 

  • 大人料金:600円
  • 子供料金:最初の30分 600円  
  • 子供延長料金:10分ごと 100円

大人の料金は600円のみ払えば、延長料金はありません。

ちいと、イオンの室内遊び場に比べると高めではあります。室内が広いし、遊びが本格的なので料金がかかるのも納得ではあります。




平日ならフリーパスがおすすめ!

平日ならお得なフリーパスがありますので、絶対にフリーパスがおすすめ。

 

料金が最近変更した

やはり値上げの余波が少々ありますね!

大人料金が100円値上げしたそうです。以前は500円だったそうですよ。

しかし、平日フリーパスの料金は安くなったそうです。

 

 

ボーネルンド キドキドの混雑状況

 

私たちがボーネルンドキドキドについたのは土曜日の15時ごろ。

入場する前に10組ほどの列がありましたが意外とすんなり入れました。

入場制限になってしまうとかなり待つそうなので、店員さんに今は

入場制限がかかっているかどうか確認しても良いでしょう。

 

土日はとっても混んでいますが、赤ちゃん専用の

遊び場スペースは割と空いてる印象でした。

 

常時、5人ぐらいのかわいい赤ちゃんがいる感じで、ゆったり

過ごせましたよ。

 

ボーネルンド キドキドの店内設備

 

ボーネルンドキドキドの店内図はこんな感じ!

大きく5つのエリアに分かれています。

 

 

出典:https://kidokid.bornelund.co.jp/saitamashintoshin/ 公式HPより

 

ベビーガーデンのスペースが赤ちゃん専用の遊び場で、大きい子供は入ってはいけない

ルールとなっています。

 

遊びの種類

 

 

出典:https://kidokid.bornelund.co.jp/saitamashintoshin/ 公式HPより

 

ホームページの画像を見てわかる通り、いっろんな遊びがあるので

子供が好きじゃない遊びだったということはないはずです。

女の子でも、男の子でもみんなが楽しめる作りになっています。

 




店内にはトイレがない!

 

 

なんとボーネルンドキドキドの店内にはトイレがないんです。ガビーん!

オムツをしていない子は、必ず入店前にトイレを済ませておきましょう。もちろんトイレのみの一時退場はOKだそうです。

 

 

でも、授乳室とオムツ替えの部屋はある

 

ベビー専用スペースの遊び場には授乳室オムツ替えの部屋が用意されていますので、

赤ちゃん連れには嬉しいサービスです。

 

自動販売機で飲み物が買える

遊び場に自動販売機があり、その前であれば飲み物を飲むことができるとのこと。

飲み物はそんなに種類がありませんでした。

 

ボーネルンド キドキドのレポ

 

遊びに行った子供の月齢

遊びに行った月齢は11ヶ月の私の息子と10ヶ月の友人の子供です。

我が息子はちょうどつたい歩きができるくらいの発育状況です。

 

入店方法

 

あらかじめ、店舗前にあるポスターのQRコードからLINE@に登録します。

そこから、利用規約に関する同意を求められるので、同意ボタンを押してから

店員さんに見せます。

 

この規約には必ず同意しなくてはボーネルンドキドキドで遊ぶことはできませんので注意しましょう。

 

ベビーカーは中には持ち込めない

 

ベビーカーは中には持ち込めないので、畳んでベビーカー置き場に置きます。

結構携帯で規約に同意してたりするとばたつくので、小さい子供がいるかたは抱っこ紐しておいた方が両手が空いて楽チンでした!

最初に払う金額は30分の料金

ボーネルンドキドキドでは、順番がくると受付で最初に30分の料金を支払います。

退場の時に延長した分、追加料金を払う仕組みでした。

ロッカーに荷物を入れられる

受付をしたらまず鍵がかけられるロッカーに荷物を預けます。

このロッカーは無料で、開け閉め自由なので荷物を取り出したい時にいつでも

取り出せます。

ちなみにこのロッカーには靴を入れることは出来ませんので注意しましょう!

 

靴置き場はただの靴入れなので注意

次に靴を脱ぐのですが、ただの靴入れなので誰が誰のだかわからなくなりやすいです。

なるべくなら高級の靴を履かないで行った方がいいと思いました。

でも、靴に各自で数字の書いてあるタグがつけられるように用意がありましたよ。




 

店内の様子(ベビー専用スペース)

 

 

 

 

 

いろんな色使われていて赤ちゃんの視力でもよく見えるように、見ても楽しめるようになっていました。

床はふかふかしている素材になっていて、寝返りができるようになった子でも楽しめると思います。

我が子が好きになったのはボールプールです。ずーっとずっとボールで遊んでいました。

今思い出しただけでも、

  • ぬいぐるみ
  • 手押し車
  • トンネル
  • ミニ階段と坂
  • 壁に付いているおもちゃ
  • ボールプール
  • 細々したおもちゃがたくさん

これだけの種類で遊ぶことが出来ました。

 

1時間のみ遊んだのですが、我が子も疲れたようで帰りはすぐにぐっすりでした。