その他

カビの原因になる窓の結露対策はこれが効いた!おすすめアイテム2選

我が家では、寝室の結露と湿気がすごくて置いてた服やカバンがカビてしまうことがありました。

カビってなかなか落ちなくて、カバンとか、コートとか処分行きになってしまうことが多々あり・・・涙

 

窓を伝って結露がサッシに溜まりベランダに小さい水溜りができて、こりゃやべー!と。

 

寝室では家族全員で寝ているので、子供も一緒に寝ています。

カビって身体によくないので、結露対策でいろんな対策グッズを使ってみました。

 

今回はその中でも効果があったものを記事にして紹介していきたいと思います。

 

今結露やカビに悩んでいるかたはぜひ参考にしていってくださいね!

 




 

そもそも結露の原因ってなに?

 

そもそも結露ってどんなことが原因で起こるのでしょうか。

調べてみました。

なぜ冬に結露がおきやすいのか。

その原因は外が寒く外壁や窓ガラスが冷たくなっている一方で、室内は暖かく空気中の水蒸気量が多いことだ。例えば冬は室内で水蒸気を発生するタイプの暖房器具を使う機会が多かったり、外気が乾燥するため加湿器を使う機会も多い。その結果、冬は室内の湿度が意外に高くなりやすいのだ。さらに冬は窓を閉め切っている時間が長く、換気の回数が少ないため室内に湿気がたまりやすい。これも結露しやすい原因といえる。

「平成15年以降に建てられた住宅は、24時間換気が一般的に採用されているので結露しにくいと言えます。もちろんこれ以前に建てられたものでも、換気を十分に考慮したものもありますが、結露のできやすさを判断するひとつの目安になりますね」(大久保さん)
一般的にマンションのほうが一戸建てより気密性が高く、その分結露が生じやすいそうだ。

引用元:http://suumo.jp/journal/2013/01/15/36348/

 

外気と室内の気温差や、異常に室内の湿度が高くなってしまうことが原因でした。

換気をしたほうがいいと引用元の記事にありましたが、寝室って子供をバタバタの忙しい時間の中で寝かせるので、正直換気をする暇がない!のが正直なところ。

 




我が家で効果のあったグッズ

 

結露の対策グッズでいろんな種類の窓に貼るシートや

窓にスプレーを吹きかけるものも試しました。

我が家では、結露防止スプレーは効果がいまいちわかりませんでした。

 

窓に貼るタイプ

 

 

梱包に使われるプチプチみたいな、この窓に貼るタイプの結露防止シートが効果がありました。

いつもなら、寝室の窓が結露でサッシやベランダに水が溜まっていましたが、だいぶ結露の量が減りましたよ。

しかし、完全に結露がなくなることはありませんでした。

 

そこでもう一つ購入したのが、

除湿機

 

やっぱり結露対策で一番の効果があった除湿機が最強でした。

 

 

 

もともと、空気清浄機は寝室に置いてあったのですが除湿機能がなく、清浄機能のみで使用していたんです。いつも空気清浄機に映し出される湿度が70パーセント代で湿度が高すぎるとは感じていました。

除湿機を寝室で稼働させてから、結露が全くなくなり、ふくやカバンにカビも生えてこなくなりました。

除湿機、最高です!

夏も除湿機をつけることで空気がカラッとして気持ちよく眠れるようになりました。

いろんな結露防止グッズを購入してお金と時間をかけてきた私・・・。

 

最初からこの2点を購入すればよかった。

 

いいですか。結露や湿気には除湿機ですよ〜